投票募集中あなたの選ぶ史上最強馬は?

2011年10月03日

第90回 凱旋門賞

(現地時間2日(日)、仏・ロンシャン競馬場、第90回凱旋門賞、3歳上、仏G1・芝2400m)結果

1着デインドリーム(A.シュタルク騎手)
2着シャレータ  5馬身差
3着スノーフェアリークビ

映画(2011年)凱旋門賞
レース動画(YouTube提供)


※日本のヒルノダムールは好位4〜5番手を進んだが10着、後方追走のナカヤマフェスタは11着に終わった。

※上位3頭を牝馬が独占。1番人気サラフィナは7着、昨年の勝ち馬ワークフォース12着、GT8勝のソーユーシンクは4着に終わった。

 勝ったデインドリームはドイツの3歳牝馬。5月の伊オークスで重賞初制覇を飾ると、7月のベルリン大賞では古牡馬相手に5馬身差の圧勝でG1初制覇。続く前走・バーデン大賞でも6馬身差の圧勝を見せており、この勝利でG1・3連勝となった。

ウマデインドリーム(牝3)
父:Lomitas
母:Danedrop
母父:デインヒル
厩舎:独・P.シールゲン
通算成績:12戦5勝(重賞4勝)
主な勝ち鞍:11年バーデン大賞(独G1)、11年ベルリン大賞(独G1)、伊オークス(伊G2)
posted by myson at 01:46| Comment(0) | 海外注目レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。